コラーゲン

コンドロイチンで老化防止

一般的には、「歳をとるにつれて身体の機能が衰えること」を老化といいます。
老化の原因は「身体の細胞や組織が活性酸素によって酸化し、変質して機能が衰える」という活性酸素説がもっとも有力です。
老化の具体的な現象としては、運動機能や内臓機能の低下、皮膚のしわ、関節炎、白内障、認知症といったことがあげられます。

また、こうした老化現象は、酸性ムコ多糖体が減少して結合組織の機能が低下しすることで発生することから、酸性ムコ多糖体の減少を止めることができれば、老化を予防したり遅らせたりすることができると考えられています。
このムコ多糖体の代表的な成分がコンドロイチン、ヒアルロン酸、ヘパリンで、3つの成分のうち特に効果的な働きをするのがコンドロイチンです。
酸性ムコ多糖体の体に及ぼす効果は化骨形成・潤滑作用・脂血浄化・創傷治癒など8つありますが、ヒアルロン酸とヘパリンが効果は4つ程度です。
こちらのコンドロイチンのサプリメントについての記事も参考にご覧ください。

しかし、コンドロイチンは、すべての効果を発揮する優れものなのです。
しかし、コンドロイチンは加齢とともに減少しますから、コンドロイチンを毎日摂取し続けなければ、老化を予防したり遅らせたりすることはできません。
食事やサプリメントでコンドロイチンを毎日摂取し、老化を予防して若々しい体を維持したいものです。
知っておきたいコンドロイチンとグルコサミンについての記事も参考にご覧ください。